MASANORI HANDA

世界境地博覧会
2007
君が代蘭, テーブル, ボタン, ケーキ, 溶岩
水戸芸術館, 茨城

天井の縁に、世界の終わりのようなものを感じた事がある。 眠りに着く前に見るその角は、すっかり整理させられたものに見え、その後にどん底に突き落とされたような恐怖を覚えるのである。
+++++++++++++++++++++++「死に際に押すボタン」 +++++++++++++++++++++++++++++
何かの渦と結果としての整理。
風景は強い記号を孕んで具体化される、そのボタンも同じ。 私はこれを"立体化"と呼んでいる。

← 戻る